コペルだより7月号より『子どもが持っている心理を見分ける能力』

  • 2016.07.29 Friday
  • 00:16

0歳からの全脳開発・幼児教室

コペル 武蔵小杉教室ですきらきら

 

梅雨が明けて、青い空と入道雲が眩しく一気に夏夏ですね^^

 

さて、コペルだより7月号より今回ご紹介するのは、

『子どもが持っている心理を見分ける能力』ですすごい

 

 

イギリスとドイツの発達心理学研究チームによる、170人近くのデータ検証から2歳から5歳という乳幼児でも、成長するにつれいろいろなタイプの笑顔を見分けることができ、それがソーシャルスキル(社会的能力)にも結び付くことが判明しました。

 

 

2・3歳児は、無意識のうちに本物の笑顔を見せる人を長く注視していることが判明。

子ども本人も理由が分からないまま本物と偽物を見分けていることになります。スマイル

 

 

4・5歳児は、さらに本物の笑顔の人を見て「おもちゃを分けてくれそう!」と答え、

偽物の笑顔の人は「分けてくれなさそう」と、答えました。

笑顔を見分けるだけでなく、社会的意味を見出すことができているのですね!

 

 

この研究の第一人者であるルイティングソング氏は、「子ども達は、笑顔と社会性能力を結び付け、わずかなシグナルから、どんな相手と付き合うべきか潜在的可能性を判断しているようだ。」と述べています。

 

 

コペルのレッスンでも月1回、社会性を身に付けるSQレッスンを行うのですが、笑顔は、2歳3歳といった乳幼児期にもこのSQの向上に大きく関わってくるという研究結果ですね!

是非、お子さんには笑顔いっぱいで、素晴らしい仲間に囲まれ社会的にも信頼される子どもに育ってほしいですよね。

 

 

実は、生まれたばかりの赤ちゃんには、実は笑顔は備わっていません。

赤ちゃんが時々笑っているのは、本能的なもので本当の笑顔ではないんですね。

 

 

赤ちゃんの笑顔は、お父さんやお母さん、周りの人の表情をじっと見つめ

同じような表情を作ることで生まれてきます。

逆をいえば、表情の乏しい人に囲まれて育つと赤ちゃんの表情も成長しません。

 

 

是非、小さいうちからニコニコ笑顔で沢山話しかけてあげてくださいねハート

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM